プロフィール

医師

中畑 慶吾

Keigo Nakahata

膝の痛みで日常生活やお仕事、趣味が思うようにできずお悩みの方、手術以外の方法をお探しの方には、当院の再生治療がお役に立てるかもしれません。再生医療を受けようかと迷っている方もまずはご相談ください。整形外科専門医である私が、責任を持って治療の適否を判定いたします。

  • 整形外科歴20年以上のベテラン
  • 手術治療の実績が豊富
  • 低侵襲・低負担な治療を重視

空手の練習に明け暮れた医学生時代。ケガの度に整形外科で治療を受け、幾度となく助けられた。こうした経験から、自然な流れで整形外科の道を志すように。医師としては整形外科一筋で約20年間、数多くの臨床に携わってきた。特に手術治療を得意とし、骨折手術、人工関節、関節鏡とジャンルを問わず様々な手技の実績がある。 方向転換を決意したのは、手術という外科的なアプローチに限界を感じたから。自ら執刀して100%の満足が得られなかった自身の家族の実態を目の当たりにして、より低侵襲な再生医療というアプローチに興味を持つに至った。2021年より、同分野での実績が豊富な「ひざ関節症クリニック」グループに入職。

経歴

  • 2000年
    鳥取大学 医学部 卒業
  • 2000年
    大阪大学整形外科医局入局
  • 2000年
    大阪船員保険病院 整形外科
  • 2002年
    市立吹田市民病院 整形外科
  • 2003年
    大阪府立病院 整形外科
  • 2004年
    近畿中央病院 整形外科
  • 2008年
    市立川西病院 整形外科
  • 2008年
    阪和第二泉北病院 整形外科
  • 2009年
    上田病院 整形外科/部長
  • 2019年
    豊中緑ヶ丘病院 整形外科/部長
  • 2021年
    京都ひざ関節症クリニック 院長

資格・免許

  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • 日本整形外科学会認定 スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定 リウマチ医
  • 日本整形外科学会運動器 リハビリテーション医
  • 日本医師会健康 スポーツ医

所属学会

学術活動

学会・論文発表

年 代 学会名/掲載誌 タイトル
2002年 中部日本整形外科災害外科学会 下肢切断レベル決定におけるMR-angiographyの有用性について
2002年 中部日本整形外科災害外科学会 THA後の骨融解に対するβ-TCPの使用経験
2002年 中部日本整形外科災害外科学会 大腿骨骨切り術後のTHAの経験
2002年 日本リハビリテーション医学会 人工膝関節置換術におけるクリニカルパス(CP)の効果について
2002年 日本リハビリテーション医学会 高齢者に対する全人工膝関節置換術の有効性の検討(膝関節)
2001年 中部日本整形外科災害外科学会 下肢切断についての検討 : 再切断例を中心に

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談・来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)