情報提供医師

長谷川 良一 医師(神戸ひざ関節症クリニック 院長)

日本整形外科学会認定 専門医/日本整形外科学会認定 スポーツ医/日本整形外科学会認定 リウマチ医/日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医/日本整形外科学会認定 リハビリテーション医

長谷川医師の詳しいプロフィール

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、ひざ関節内の軟骨がすり減り、それによってひざの痛みや関節の変形が生じる病気です。初期の症状を放置していると、中期、末期へと進行し、症状も悪化していきます。

症状

変形性膝関節症の主な症状は大きく2つ。ひざの痛みと変形です。また、病気が進行するにつれてひざの可動域(動かせる範囲)が徐々に制限されるようになり、末期には日常生活に大きな支障をきたすようになります。具体的には、正座、しゃがむ動作、階段がつらくなったり(特に下りで痛みを感じる)、動き始めにひざの後ろが痛い、素早く動けない、歩行時にふらつくなどの症状がみられます。

■病期別の主な症状

初期に
見られる症状
  • ・起き上がるとき、動き出すときにひざがこわばる(重く感じる/鈍い痛みを感じる)
  • ・正座、階段の上り下り、急な方向転換といった動作時に痛みを感じる
中期に
見られる症状
  • ・ひざの痛みがいつまでも続く
  • ・正座、深くしゃがむ動作、階段の上り下りなどが困難
  • ・ひざが腫れ、熱感を持つ
  • ・歩くときしむような音がする
末期に
見られる症状
  • ・これまでに見られた症状がさらに悪化
  • ・歩く、座る、しゃがむといった日常的な動作が困難になる
  • ・痛みに苛まれる時間が長くなり、精神的負担が大きくなる

痛みの原因

痛みの原因は関節内の炎症です。
関節の中は関節液という液体で満たされていますが、炎症は関節液の中を漂う「軟骨のかけら」が関節の内側を覆う膜(滑膜:かつまく)を刺激することで生じます。
軟骨の表面は本来非常に滑らかで、こすっても簡単にはすり減りません。しかし、ひざは1日に何千回もこすれます。これが数十年続くと、タイヤがすり減りるように徐々に磨耗が進んでいきます。その結果、すべすべしていた軟骨の表面はザラザラと毛羽立ちはじめ、軟骨自体が削り取られていくのです。こうして削り取られた軟骨のかけらが滑膜を刺激して、炎症を引き起こします。

変形の原因

ひざの変形は、軟骨がすり減った結果、骨同士がぶつかり合うことで生じます。
軟骨がすり減って消失してしまうと、次には大腿骨(ももの骨)と脛骨(すねのの骨)が直にぶつかって、互いの骨をすり減らしてしまいます。この時、骨には再生能力があるので、すり減って失われた骨を再生させようとするのですが、ひざには常時体重がかかっている状態なので、正しい位置に骨を再生させることができず、横にはみ出した状態で増殖してしまいます。このはみ出して増殖した骨を骨棘(こっきょく)と呼びます。
骨棘の形成が進むと、ほねの内側と外側にかかる体重差が大きくなり、O脚やX脚のように、見た目の変形も顕著になっていきます。こうなると、ちょっとした動作にも激しい痛みを伴うようになり、やがてはひざを動かさなくても痛みを感じるようになります。

診断方法

変形性膝関節症の診断と治療方針は、問診、触診、検査を経て決定されます。

問診・触診

問診では、医師が症状について細かく質問します。
具体的には、
・痛みを感じ始めたのはいつ頃か・ひざのどこが痛むか・1日のうち常に痛いと感じているのか、痛くない時間もあるのか・日常のどんなシーンでどんな痛みを感じるかといった質問です。あらかじめ要点をまとめておくとスムーズに進みます。
また、ひざの周辺を指で押して、骨や腱、筋肉の状態を確認する触診も行います。

■問診で伝えるポイント

医師の質問 伝え方のポイント 伝え方の例
どこが
痛みますか?
場所を細かく伝える ・膝の外側・膝の内側・膝の皿の下・膝の皿の上
など
どのような
時に痛みますか?
場面や状況を詳しく伝える ・朝起きたとき・正座して5分ぐらいすると・床から立ち上がろうとするとき・10分以上歩いたとき・階段を上るとき
など
どのような痛みですか?
痛み以外の違和感はありますか?
感覚を
直感的/具体的に伝える
・ズキっとした痛み・じんじん響くみたい・キリで刺されるよう・こわばる・熱がある・動かすと音がする
など

そのほかの重要な情報
・過去に骨折や脱臼などのけがをした経験はあるか?・家族に変形性膝関節症など関節の病気になった人はいるか?・激しいスポーツの経験/重労働に従事した経験はあるか?
※これらについても確認しておきましょう。

検査

ひざの内部や骨の状態を確認するため、レントゲン(X線)検査やMRI検査といった画像診断が行われます。この他に、膝痛の原因疾患を特定するために、膝関節の中にある関節液という液体を抽出して内容物を確認する関節液検査を実施することもありますが、必ずしも全ての検査を行うわけではありません。必要に応じて医師が判断します。

■ひざ痛の原因探索に行う主な検査

レントゲン検査 MRI検査 検体検査(関節液・血液)
どんな検査? X線でひざを撮影し、骨の形状(変形や角度)を写真で確認します。 電磁波でひざを撮影し、関節内の組織の状態を画像で確認します。 関節液を注射器で吸い取り、粘り気や色味、成分から何の病気か調べます。
何がわかる? 骨の形から変形性ひざ関節症の場合は進行度がわかるので、それに応じた治療法を考えることができます。 軟骨や半月板や骨内の状態もわかるため、異常の発見及び、変形性ひざ関節症のリスク予測が可能です。 変形性ひざ関節症、関節リウマチや偽痛風、感染症など、関節炎が生じる疾患を鑑別することができます。
必要なケースは? 診察で骨に関する異常が疑われる場合に行います。 レントゲンで異常が確認できなかったり、治療方針を考えるためにより詳細な情報が必要な場合に行います。 ひざが腫れたり水がたまったりしていて、変形性膝関節症以外の病気の影響が考えられる場合に行います。

▷当院ではMRI検査と整形外科専門医による再生医療の適応診断を組み合わせた「MRIひざ即日診断」を行なっています。当院の治療で改善が期待できるか、気になる方はぜひご相談ください。

治療方法

診察や検査で判別した重症度に応じて治療を開始します。
初期は進行を遅らせる目的の保存療法がメインですが、末期に向かうにつれて手術療法にシフトしていきます。比較的重度の方にも適応がある新たな治療選択肢として、数年前から再生医療が加わりました。

運動療法
・重症度にかかわらず、全ての患者さんが対象です。・ひざを支える筋肉を鍛えることで、痛みを軽減したり、ひざへの負担を軽くしたりすることができます。また、ストレッチで筋肉をほぐすことは、関節の可動域の維持と向上に役立ちます。・運動療法は変形性膝関節症治療の中心かつ基本であり、重症度にかかわらず常に継続すべきものと認識してください。

薬物療法
・ひざの痛みが激しいとどうしても運動から遠ざかり、筋力の低下を引き起こします。すると、ますます運動が億劫になって、さらに筋力が衰えていく可能性があります。
– 薬物療法の大きな目的の一つは、この悪循環を断つことです(ひざの痛みを抑えることで、運動療法を続けるモチベーションを維持します)。

ヒアルロン酸注射(保存療法)
・ひざ関節の中は関節液という液体で満たされています。・この関節液に近いヒアルロン酸をひざの中に注入することで、関節の滑りを滑らかにするとともに、痛みを緩和します。・薬物療法と併用されることが多い、最も一般的な保存療法の一つです。

寒冷/温熱療法(保存療法)
・患部を温める治療を温熱療法、冷やす治療を寒冷療法と言います。・温熱療法では血行促進と可動域の拡大を狙います。温湿布やホットパック、入浴などの他に、医療機関で受ける電気療法、レーザー療法、超音波治療などがあります。・寒冷療法は患部の炎症が強いとき、腫れを抑えるのに有効です(ただし、冷やしすぎは要注意です)。

再生医療
・再生医療は、血液や脂肪細胞など自分自身の組織を材料とし、これをひざ関節の治療に活用します。現在実用化されている主な治療法は、PRP療法と培養幹細胞治療です。・PRP療法は、患者さんの血液から多血小板血漿(=PRP)という成分を抽出し、患部に注入します。血小板から分泌される成長因子が組織の修復を促進すると考えられています。・当院ではPRPに含まれる成長因子を濃縮したPRP-FDを使用しています。・培養幹細胞治療では、脂肪に含まれる幹細胞を抽出し、これを培養して患部に注入します。多数の幹細胞の働きで、組織の修復や痛みの抑制が期待できます。・自己組織を使用するので、いずれも拒否反応の心配はありません。保存療法(薬物療法やヒアルロン酸注射)を行っても効果を実感できないという人、医者に手術を勧められていて受けるべきか迷っている人などは検討の価値があります。

手術療法
・保存療法で十分な効果が得られない場合に、手術療法を検討します。・高位脛骨骨切り術は、骨を切ってつないでO脚を矯正する手術です。以前は若年者によく行われていましたが、人工関節の耐用年数が伸びた現在では、実施件数が減りつつあります。・人工関節置換術は、関節を切り取って人工関節に置き換える手術です。利点は、術後は痛みをほとんど感じなくなることですが、正座のように深くひざを曲げる動作はできなくなります。・この他に、関節鏡視下手術があります。体への負担が少ないので、高齢者や持病のために大きな手術を望まない人、人工関節置換手術を先延ばしにしたい人などに行います。

よくある質問

症状を悪化させないために普段からできることはありますか?

以下の点を普段から意識できると望ましいです。

①体重のコントロール
毎日定期的に運動することと、栄養バランスを考えた食事の意識が基本です。BMI値22前後を目指し、体重コントロールを行いましょう。

②生活習慣病の予防と治療
糖尿病、脂質異常症、高血圧がある場合は、必要に応じて治療しましょう。血流や軟骨代謝が悪くなり、ひざ関節の状態が悪化する可能性があります。

③継続的な運動(ただしひざへの負担が少ないもの)
ももの筋力トレーニングや、ウォーキングをしましょう。運動するときは転倒して骨折しないよう、安全な場所で行いましょう。ウォーキングもアスファルトでなく、公園や運動場などの土の上で行うのがひざにとっては望ましいです。

④サポーターや温熱用品で温める
冷えるとひざの痛みが出やすくなります。市販されているサポーターや温熱用品で温めて、血行促進しましょう。温めるときは適度に保温し、低温やけどには注意しましょう。

⑤ひざへの衝撃が少ない靴を使用する
靴の中敷きでクッション性を高め、ひざへの衝撃を減らします。また荷重のバランスを調整し、ひざ軟骨へのストレスを軽減することで進行を抑えます。適切な靴を履くことは歩行状態を安定させ、転倒リスクの軽減にもつながります。

⑥ひざに負担のかかる動作は避ける
日常生活にもひざに負担のかかる動作はいろいろあります。重いものを持つこともそうですが、正座や和式トイレにも言えます。椅子や洋式トイレを利用する頻度を増やすことも対策のひとつです。

変形性膝関節症治療で用いる装具について教えてください。

主なものとしては、足底板、サポーター、杖があります。いずれも医師の指導のもと、ご自分に合ったものを使用してください。
足底板は、足の外側に楔形の板を差し込んで持ち上げる器具です。これによって、ひざをまっすぐに矯正し、関節にかかる負荷を均一にします。靴にいれるだけなので、簡易に使用できるというメリットがあります。
サポーターはひざを安定させるのに効果的です。ひざの筋肉が不足して不安定な人は歩きやすくなります。ただし、炎症が強いとサポーターをつけることで痛みが増すことがあるので注意してください。
その他、ひざへの負担軽減や転倒防止の目的で杖を使用することもあります。

40代以上でひざが痛くなりはじめた場合、変形性膝関節症と考えて良いですか?

必ずしもそうとは限りません。他の疾患の可能性がないか検査が必要です。
変形性膝関節症には、症状が似ているいくつかの疾患があります。これらを判別するため、血液検査や関節液検査(関節液を抜き取って状態を確認する検査)を行うことがあります。

血液検査 関節液検査
変形性膝関節症 数値に異常なし 黄色透明
外傷 数値に異常なし 血性の関節液に脂肪滴が混じった状態
関節リウマチ CRP値や血沈など炎症反応の上昇 黄色混濁
偽痛風 CRP値や白血球数の上昇 ピロリン酸結晶の検出
痛風 尿酸値の上昇
CRP値や白血球数が上昇することも
痛風結晶の検出
化膿性関節炎 白血球数、CRP値、血沈の上昇 培養検査で細菌が検出
膿みのような関節液のときも

ひざによく水が溜まります。抜いた方が良いのでしょうか?

腫れがひどく、ひざの曲げ伸ばしに不自由するような場合は水を抜くことをお勧めします。ひざに溜まる水の中には痛みや炎症を悪化させるサイトカインが含まれるので、痛みを緩和する意味でも有効です。また、水が溜まり、関節内の圧力が高い状態は、軟骨の損傷を悪化させる可能性があります。
ただ、ひざに溜まる水は関節内に繰り返す炎症が主要な原因の一つなので、炎症を改善しない限りいずれまた水が溜まる可能性が高いです。逆に炎症さえ抑えれば、ひざの腫れは自然に引いていきます。水を抜くとともに、炎症を抑える治療や運動療法を並行して行うことが大切です。

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)