情報提供医師

長谷川 良一 医師(神戸ひざ関節症クリニック 院長)

日本整形外科学会認定 専門医/日本整形外科学会認定 スポーツ医/日本整形外科学会認定 リウマチ医/日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医/日本整形外科学会認定 リハビリテーション医

長谷川医師の詳しいプロフィール

培養幹細胞治療とは

脂肪細胞に含まれる幹細胞には、組織の自己修復能力を高めたり、炎症を抑える効果が期待できると考えられており、再生医療の分野では以前から注目されていました。培養幹細胞治療では、この幹細胞を培養して数を増やし、それをひざ関節に注入します。
法的には第2種再生医療に分類され、当院も国の許可を得た上で本治療をご提供しています。

<治療の流れ>

  • 1.脂肪採取

    患者さまの皮下脂肪を採取します。採取する脂肪量は20mLです。下腹部の目立たない位置から採取するのでご安心ください。所要時間は20分程度です。

  • 2.幹細胞の分離

    採取した脂肪細胞から幹細胞を分離して取り出します。この作業は、国の認可を得た専門の細胞加工施設で行われます。

  • 3.幹細胞の培養

    同じく細胞加工施設にて、取り出した幹細胞を約6週間かけて培養します。

  • 4.注入

    培養した幹細胞を、ひざの患部に注入します。注入は、ひざの一般的な注射治療と同じ方法で行います。所要時間は5分程度です。

このような方におすすめします

以下のいずれかに当てはまる場合は、培養幹細胞治療がお役に立てるかもしれません。
該当する方は、お気軽にご相談ください。

保存的な治療で十分な効果が得られない

痛み止めの薬やヒアルロン酸注射などは、長期間繰り返すことで効果が得られなくなることがあります。そうした治療を漫然と続けていたという方に奏功することがよく見られます。

入院や手術を伴う治療は受けたくない

症状が進行して痛みが激しい場合手術療法が検討されますが、その多くでは入院が必要です。本治療は通院のみで受けられるので、家庭や仕事の都合で入院が難しいという方のお役に立ちます。

自分のひざで過ごしたい

培養幹細胞治療は、自己組織を活用した再生医療です。体に備わる自己修復能力を引き出します。人工物に頼らず、末長く自分のひざで生活したいという方のお力になります。

<当院が培養幹細胞治療をおすすめする理由>

理由1.痛み、関節機能ともに改善が期待できる
培養幹細胞治療では、抗炎症作用や疼痛抑制作用、関節機能の向上が報告されています[1]。このことから、ヒアルロン酸注射が効かないまでに進行したケースでも、痛みの緩和や変形性膝関節症の進行抑制の効果が期待できます。

KOOS(クース)とは、日常生活動作、痛み、生活の質、症状、運動機能という5項目から、膝の状態を評価する指標で、数値が高いほど改善を意味します。この研究によると、治療後12ヵ月経過した時点でも改善効果は持続していました。

理由2.長期的な効果が期待できる
培養幹細胞治療は、治療後1年にわたり、日常生活動作、痛み、生活の質、症状、運動機能の改善効果が維持されました[2]。このことから、本治療は長期間効果が持続すると考えられます。

理由3.拒否反応やアレルギーのリスクが少ない
培養幹細胞治療で用いる注入物は、患者さまご自身の脂肪から作られたものです。したがって、注入物への拒否反応やアレルギーのリスクは少ないと考えられます。実際、当グループが行なった過去4,700例の症例に関しては、重篤な副作用や拒否反応は確認されていません。

安全性・治療後の注意点

治療に伴うリスクを減らし、効果を最大限に引き出すため、治療後には以下の点にご注意ください。

脂肪採取後
1.脂肪採取部位のむくみを抑えるため、当日から翌日にかけては飲酒をお控えください。2.入浴は1週間お控えください(患部濡らさない洗髪やシャワー浴は可。全身のシャワーも術後3日後以降可能です)。3.脂肪を採取した部位に内出血、むくみ、質感が硬くなるなどの症状が見られるようになりますが、通常は1ヵ月ほどで治まります。

培養幹細胞注入後
1.治療当日は飲酒、または湯船に浸かるといった行為はお控えください(シャワー浴は可能です)。2.術後2〜3日は、激しい運動、マッサージなどはお控えください(腫れがひどくなる可能性があります)。3.膝を曲げ伸ばしする運動などは積極的に行ってください(安静にし過ぎると関節が動きにくくなることがあります)。

<知っておいていただきたいリスク>

・当院は安全面には十分配慮いたします。実際、ひざ関節症クリニックグループ全体で見ても、過去に重篤な副作用は確認されていません。・また、患者さま自身の細胞を用いる治療なので、拒絶反応などのリスクも少ないと考えられます。培養することが有害事象のリスクを高めるという懸念も過去の報告では否定されています[3]・ただし、医療行為である以上、リスクがゼロとは言い切れません。脂肪塞栓症(血中に脂肪が混入し血管がつまる)や感染、神経や血管が損傷するリスクも可能性としては考えられます。・治療後の経過中、もしご不安なことがありましたら、ご遠慮なくご相談いただければと思います。

費用

培養幹細胞治療

定価(片膝)幹細胞採取料/培養費用含む※追加198,000円で両膝に変更可能
¥1,408,000(税込)

※表⽰価格は全て税別となっております。

※各種クレジットカードでもお支払いいただけます。

症例実績のお知らせ
幹細胞治療4,700症例突破

※当グループ調べ(2015年3月〜2021年6月)

 

初診料やMRI診断料、その他の治療の費用は、料金表ページをご確認ください。

医療費控除について

国民の医療費負担が高額にならないよう、国が設けた公的な保障制度です。制度のご利用を予定されている方は、支出を証明する書類(領収書など)が必要となります。領収書の再発行は致しかねますので、制度のご利用を検討されている方は、当院発行の領収書を確定申告まで大切に保管ください。
>確定申告書の記載方法は、『医療費控除用の記載例』を参考になさってください。

よくある質問

治療後どれぐらいで効果が実感できますか?

通常、幹細胞の注入から1〜3ヵ月ぐらいまでの間に徐々に効果を感じられるようになり、6ヵ月ぐらいまでの間にさらに効果がはっきり現れるようになります。

培養幹細胞治療はすり減った軟骨を増やすことができるのですか?

はっきりとした結果は出ていませんが、その可能性を示唆する研究が報告されているのは事実です。海外で行われた研究ですが、生理食塩水を注射した群では軟骨の欠損が悪化したのに対し、培養幹細胞を注射した群ではその悪化が認められませんでした[4]。また、培養幹細胞の投与によってひざ軟骨が厚くなったという症例も確認されています[1]

手術を受けた経験がある人でも培養幹細胞治療は受けられますか?

手術の種類によります。靭帯再建、半月板部分切除、半月板縫合術、クリーニング手術、骨切り術に関しては、手術の経験があっても培養幹細胞治療の対象になりえます。一方、人工関節置換術をすでに行なった方に関しては適応外になります。
ただ、どのケースも実際に治療可能かどうかは、関節内の状態を拝見してからとなります。まずはご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談
来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)